敏感肌のスキンケア商品

低刺激コスメの見分け方

敏感肌のコスメ選びのポイントは低刺激ということです。どのような成分が低刺激なのかをよく知っておくことが大切です。化粧品の成分特に警戒されているのが防腐剤です。化粧品は開封後も長い間時用され、夏でも常温保存されることがほとんどです。そのため防腐剤を配合するのが一般的です。敏感肌の人は細菌にも敏感に反応して吹き出物などの原因にもなりかねません。一概に防腐剤不使用がいいともいえないのです。 パラベン(パラオキシ安息香酸エステル)や安息香は安全性の高い防腐剤だといわれています。安息香酸ナトリウムやフェノキシエタノールも比較的低刺激だといわれています。防腐剤不使用と記載された化粧品も何らかの形で防腐作用がある成分が含まれています。その成分の一つが抗菌剤のBG(ブチレングリコール)です。この成分はまれに炎症を起こす人があります。ペンチレングリコールも同様の成分です。これらの成分は保湿剤と記載されています。

高保湿コスメは敏感肌を緩和させる

敏感肌の大きな特徴は乾燥が激しいということです。肌トラブルが多いので肌理が乱れて保湿力が弱くなります。乾燥がさらに肌を敏感にして悪化していることもあります。一見オイリーな肌の人もよく調べてみると乾燥部分が多いことがあります。敏感肌を緩和するためには保湿はとても大切なことです。ところが保湿成分にも刺激の強いものがあります。保湿成分の性質をよく知って、低刺激で高保湿のコスメを選びましょう。グリセリンは高保湿低刺激成分の代表格です。 セラミドはもともと人間のお肌の表皮に含まれる保湿成分です。お肌のバリア機能はセラミドの量によって決まるといっても過言ではありません。肌との馴染みがよく刺激も少ないのが特徴です。肌に元々存在する成分としてはヒアルロン酸やコラーゲンがあります。これらの成分も低刺激の保湿成分です。PCA-Na(dl-ピロリドンカルボン酸ナトリウム液)お肌に自然に存在する成分です。

© Copyright Choose Skin Care Products All rights reserved